筋肉をつけるには

引用元:https://www.pakutaso.com/

筋肉をつけるには痩せていないと…と思っている方もいると思います。筋肉をつけるにはまずは痩せることも重要です。体脂肪がつきすぎていたら筋肉の意味もなくなってしまいますからね。今回は筋肉をつけると太るのか?ということについてみていきたいと思います。

筋肉=太るのか、筋トレは太るのかなど見ていきましょう。

筋肉=太る?

引用元:https://www.pakutaso.com

筋肉をつけると太るのか、体重が増える?などについてみていきたいと思います。

筋肉は実は太る?

実は筋肉がつくと人間は太ります。太るといっても、体脂肪が減り筋肉に変わるため太ったように感じるだけなのです。体重は少しは増えるかもしれませんが、筋肉がつくことによって太るのは筋肉量が増えたためです。筋肉は人間の体に必要で、なさすぎると体に支障が出てきます。適度な筋肉は基礎代謝にもかかわってきます。

筋肉量が増えると基礎代謝が上がり太りにくい体を作ることができます。筋肉をつけることによって体も丈夫になりますし良いことです。筋肉は重さで言ったら太る、に入るのかもしれませんが脂肪が筋肉に変わってきているので重さが増えるだけです。

運動しているのに太る

筋肉がついて太るのはわかりますが、運動しているのに太ってしまう方はいませんか?これは運動することにより逆に食欲がわいて、食べ過ぎてしまうことが原因です。食べ過ぎてしまえば、消化されなかったものが脂肪として体についてしまうのは普通です。

またいやいやながらに運動するとストレスがたまり逆に太ってしまうということもあります。これは我慢をして運動を行うとコルチゾールが分泌されるためです。運動は体調と相談しながらその日にメニューを決めて効率的に行ったほうが良いですね。そのほうが太らないと思います。

筋肉をつけると太りにくい体になる

筋肉=太る?と思っている方も多いと思いますが、筋肉をつけると基礎代謝が上がり逆に太りにくい体を作ることができます。これはデータでも証明されています。

筋肉が多い=基礎代謝が高いと何もしなくてもほかの人よりも一日で消費するカロリーが高くなります。そのため食事をしても基礎代謝で消費できることもあります。基礎代謝は寝ている間にも消費されます。基礎代謝が上がると自然に太りにくい体になるのです。太りたくないのなら基礎代謝を上げるために筋肉トレーニングをして基礎代謝を上げるのがいいかもしれません。

筋肉トレーニングは太るのか?

引用元:https://www.pakutaso.com/

筋肉トレーニングをすると体を鍛えることができますよね。鍛える=太る、と思う方もいるのではないでしょうか。ここでは筋肉トレーニングが本当に太るのか見ていきたいと思います。

筋肉トレーニング=太るのか?

筋肉トレーニングをすると体重は少しは増えます。それは筋肉がつくためです。しかし落ち込まなくても良いのです。脂肪より筋肉のほうが重いため体重が増えるのは普通のことなのです。筋肉をつけると脂肪が減り体重が増えます。そのため体はメタボのようなだらしない体から、引き締まった見た目に変わります。

筋肉は脂肪と比べると重さが3倍も違います。そのため体重が増えます。体重が増えるかもしれませんが見た目は変わるので太っている印象は与えないと思います。

筋肉をつけすぎて太って見えてしまう

普段から筋肉トレーニングを行わない人がいきなり筋肉トレーニングをしても方法がわからなければ、適切な場所に筋肉をつけることができません。筋肉トレーニングでは太りますが、鍛えすぎなければ太らないし、バランスよく鍛えれば太り過ぎて見えることはないです。

正しい鍛え方を行わなければアンバランスに筋肉がついてしまい、逆に太って見えてしまいます。

痩せたいなら筋肉トレーニングをしないほうがいい?

筋肉トレーニングをしたら筋肉量が増えて体重が増える、ならば痩せたいなら筋肉トレーニングをしなければいい。と思う方もいるかもしれませんが、痩せたいのなら筋肉トレーニングは効果的です。

まずは体脂肪を減らすことから始め(食事管理、睡眠管理など)、筋肉トレーニングをすることにより、代謝が上がりより痩せやすくなります。筋肉量を増やせば脂肪が減り痩せやすくなるというわけです。

筋肉で太るかは食事や運動で変わる?

引用元:https://www.pakutaso.com/

筋肉トレーニングをすると筋肉量が増え太る事がわかりました。しかし、食事や運動で筋肉をつけつつも太らないという方法もあるのではないでしょうか。ここでは食事と運動の関係性を見ていきましょう。

食事編

筋肉トレーニングをしながらの食事管理は理想的です。一日に500キロカロリー減らすことを意識するだけで、筋肉をつけながら体重を減らすことができます。食事はたんぱく質やビタミンをとるように心がけましょう。筋肉を作るにはたんぱく質が必要です。適度な炭水化物もエネルギー源として必要ですが、摂りすぎないように注意しましょう。ここで食べ過ぎてしまうとカロリーがオーバーしてしまい、太ってしまいます。

食事で補えない栄養素はサプリメントやプロテインを使って摂取しましょう。食事から栄養素をとるのが理想的ですが、限界がありますので、自分のなりたい体に合ったサプリメントやプロテインを摂るといいでしょう。

運動編

筋肉トレーニングは有酸素運動、無酸素運動に分けられます。また鍛える部位によっても変わってきます。ジムに通うのも良いですがお金がかかるし、時間も取れない、なんて方には自宅でできるトレーニングで痩せて筋肉をつけることが可能です。

外で行うランニングなどの有酸素運動を行うよりは自宅で筋肉トレーニングをしたほうが痩せたという方もいます。運動メニューはそれぞれ変わってきますが、最初は週に2日からのトレーニングをするのをお勧めします。週に2日から行うことにより、運動をするという習慣をつけることが身に付きます。

毎日同じ部位を鍛えるのではなく、ローテーションで腕、足などを鍛えたほうが効果的です。毎日同じ部位を鍛えると筋肉が休む暇がなくなり、逆に筋肉が作られなくなります。筋肉を作るためには超回復が必要なので一日おきなどに筋肉トレーニングをしましょう。

運動で効率的に筋肉をつけ痩せる

運動で骨率的に痩せるには午前中に筋肉トレーニングをしたほうが効果的です。午前中に運動をするとその後6時間体の中で脂肪を燃焼する作用が働くためです。効率的に痩せるには運動の時間も大切になってきますね。

運動編でも書きましたが、毎日運動を習慣化させることが大切です。筋肉をつけるのも一日おきに違う部位を鍛えるのが効果的なように、毎日行うことで筋肉がつき、基礎代謝も上がり、太りにくくバランスの良い体になることができます。

筋肉をつけすぎないで太らないからだに

筋肉には白筋と赤筋の二種類あることをご存知でしたか?

白筋は鍛えすぎると太くなってしまうので体が強くなってしまいます。鍛えるのなら赤筋が良いでしょう。赤筋はウォーキングや水泳で鍛えることができるので手軽に筋肉トレーニングができますね!また赤筋は鍛えてもムキムキになりすぎないので、筋肉をつけすぎないです。そのため太って見えにくくなります。

まとめ

引用元:https://www.pakutaso.com

筋肉をつけるために太る事は必要かといわれたら、一概にはいといえないでしょう。筋肉をつけると太ってしまいますが、筋肉をつけたいのなら脂肪を減らし筋肉トレーニングを行うことで筋肉をつけることができます。

太ってしまったら、その分体脂肪も増えるので筋肉をつけたいのならまず、太るよりも痩せる(脂肪を減らす)ことが重要です。